WAN!LIFEのブログ | 神戸市・垂水区、須磨区 犬のしつけでお困りなら<WAN!LIFE>にお任せください。

WAN!LIFE
ブログ
2017年10月17日 [Default]
愛犬が家でトイレが出来なくて困ってる飼い主さん、結構います。
@天候の悪い時も外に連れて行かないといけない。台風の時は大変!!
A環境が変わり、出来なくなってしまった
B仔犬の時は出来てたのに、いつしか家でしなくなった
C家のあちこちでマーキングする
などなど。

トイレは出来れば仔犬の時に教えるのが一番早いです。
年齢重ねても出来ないわけじゃありませんが、習慣を変えるには時間がかかります。
トイレシートでも外でもできれば、飼い主さんの都合で選ぶことができます。それって飼い主さんのストレスが全然違います。

台風の雨風の中、散歩に連れて行くって、犬も人もずぶ濡れ、帰ったら自分も犬も体拭いて、洗濯物も増える(ー ー;)
いい事な〜し!

ABCはトイレが成功した時のご褒美が足りません。
犬にとってはどこでしても、トイレが出来ればいい。(生理的現象だから)
なのでトイレシートでさせるには、その場所でトイレをした時にご褒美をあげないとなかなか学習できません。

次回トイレのしつけ方をお伝えします(*^^*)



2017年10月13日 [Default]
夏に、ゴールデン・1歳2,3ヶ月の男の子のレッスンをしました。
お散歩中、突然お母さんの手や腕に甘咬みをしてくる、ということでした。

咬んでくる様子をいろいろ聞いていると、お母さんと目が合った直後に咬むことが時々あるようで、
先ずは散歩中、目が合わないようにしてもらいました。
目が合う=ご褒美になりやすいです。

これを1週間してもらっただけで、かなり甘咬みは軽減されました。
それでもまだ甘咬みがなくなったわけではありません。

・犬と出会ったとき
・知り合いの人が近づいたあと
・赤信号でマテをしてるとき
・他、いつもと違う状況に出くわしたとき(毎日同じなわけないですが(^▽^;)

など、いろんな場面での甘咬みがありましたが(家の中でもありました)
その元はといえば、ほぼ構ってほしい!というところからきていました。
日中お留守番のワンちゃんは、咬むことでお母さんが反応するのを喜んでいたんだと思います。

散歩中は、とにかく咬めない状況を作る。
咬まないように先回りして飼い主さんが行動する。

そして、咬むことで甘えていたワンちゃんの行動は、
お散歩以外の場面で、良い子にしていたら褒めて、ご褒美あげて構ってやる。
そうすることで、良い子にしていたら構ってくれる〜〜〜!(^^)!
となります。
(良い子というのは、飼い主さんにとっていい行動、例えばオスワリする、落ち着いて伏せている、など)

また、ワンちゃんに対して毅然とした態度は飼い主さんに必須です!
ワンちゃんはしつこい、です(^▽^;)
だから、こちらもそれに負けないくらいのしつこさ、あきらめない態度が必要です。

そうしてこのゴールデン君は、お母さんを困らせることなく普通に散歩できるようになりました☆(^O^)/

あー良かった!





2017年10月01日 [Default]
甘咬みを改善中、サークルやクレートから出すときは、
Cリードをつける

リードをつけず首輪だけの場合、
体を触ると犬は首をまわして飼い主さんの手を咬もうとします。
これだと甘咬みを許してしまうので、リードを装着しておき、
体を触らずリードで犬をハウスへ誘導します。
こうすると、甘咬みのチャンスがなくなります!

なので、甘咬みが改善されるまではリードをつけたままにしておくのがいいですね(*^^*)

付けっ放しがムリな場合は、リードをつける、外す度に甘咬みしようとするかもしれません。
その時は、かもうとしたら離れる。
かまなくなるまで繰り返します。
犬が諦めるまで!
許すと、咬んでいいんだと学習します。
根気よく、あきらめず、続けて下さい。
犬が諦める時が必ずきます!(^^)





2017年09月17日 [Default]
やっと!
シャンプー1歩手前まで漕ぎ着けました!

いきなり全身シャンプーして、嫌なことになってしまうと、
2回目以降、風呂場に連れていくのも難しくなるので、
今日はお尻とオシッコのところだけキレイに(^o^)

風呂場まですんなり来たし、
シャワーもあんまり嫌がってなかったし、
は〜、嬉しいわ〜(≧∇≦)
レンにとっては初めて洗ってもらったことになるんだもんね☆

あと一回今日と同じようにして、
その次にシャンプーに挑戦!(^o^)

今日は台風の音が怖くて、
風が唸るとよだれ垂らしながらウロウロ〜ウロウロ〜。
落ち着きません。
そのよだれを拭くのが大変です(u_u)

シャワー後の蓮
もうすぐシャンプー

2017年09月14日 [Default]
甘咬みをする前に対処しましょう!と書きました。
でもタイミングが合わず、対処する前に咬んできた、ていうことがあると思います。
こういう時は、
B無言でハウスに入れる。

咬まれた時に、痛い!とか、ダメでしょ!など言うと、
その言葉がご褒美になる可能性が大なんです。
甘咬みは構ってほしくて咬むので、
怒ったつもりが犬にとっては、お母さん、お父さんが反応してくれた♪!
となります。
だから、何も言わず無言でハウスへ。

この時、無言だけでなく、目を合わさないようにしましょう。
目を合わす(アイコンタクト)こと、これも基本はご褒美になります。
なので、”咬んだ”ということに対して
怒るのではなく、無視します。
何か言ったりアイコンタクトするとご褒美を与えることになるので、やめます。

ハウスに入れたあとも、しばらく無視します。
犬が吠えたり鳴いたりせず、落ち着いていたら、
ハウスから出してやる。

遊んでやってもいいし、何もせずいつもどおりでもいいです。
でも、
また構ってほしくて咬んできたら、
同じようにして、ハウスへ。
何度も何度も繰り返します。
この辺は犬との根比べ(^_^)v

ハウスへ連れて行く時の方法を次でお伝えします☆



2017年09月10日 [Default]
甘咬みに限りませんが、行動改善の時は
必ずやってほしいことがあります。

A落ち着いてたら、ほめる。

勝手にオスワリして落ち着いてたら、ほめる、ご褒美。
勝手にフセしたり、横になって落ち着いてたら、ほめる。
それも、最初はおおげさなぐらいの声やジェスチャーで ”いい子ー!!”と言って下さい☆


犬が落ち着いた行動をしてる時は、必ずほめる。
プラス、オヤツなどのご褒美を時々やる。
とにかく、犬が困った行動をせずに落ち着いてる姿を見たらほめて下さい!
そうすることで、こうしたら飼い主さんはほめてくれる、構ってくれると犬は学習します。

叱るけどほめてない飼い主さんはたくさんいます。
できてることは、いっぱいほめてあげましょう!
愛犬が飼い主さんを観察してるように、
飼い主さんも愛犬を観察して
たくさんほめる機会を増やしましょう!
そうすれば、ほめられたくていい行動をたくさんするようになります。

飼い主さんも愛犬もハッピーになれます!(^O^)/♪♪

次回も甘咬みについて書きます☆



2017年09月06日 [Default]
まずは、甘咬みを許してきた習慣をやめる。変える。
イコール、甘咬みさせない!
だいたいの飼い主さんは、
甘咬みしたあとで対処しようとしています。
これでは遅い!のです。

@咬む前に対処する。
咬む状況はだいたい決まってると思います。
例えば、オモチャで遊んでて夢中になりだして咬む場合は、
夢中になりだす前に、遊びを一旦中止する。
この時は咬んでないですよね。
遊びを中止して、そのまま犬をほったらかしにしてたら、
すぐに犬はオモチャを持ってきて、
”遊んで”とまとわりついたり、今度は足をかんできたり…
犬も相手してもらおうと いろいろ考えます^^;

なので、一旦サークルやクレートに入れて
クールダウンさせるのがいいです。
”ハウス”のコマンドで入れて、ほめる、ご褒美。

少し時間をおいて、また出してやる。
今度も遊び相手になったら、咬む前にやめてハウス、ほめる、ご褒美。

甘咬みする時は興奮してる時なので、
興奮させない、クールダウン。
飼い主さんが意識して、愛犬が興奮する前にやめる。

人が今までの習慣を変えるのはしんどいですが、
これは犬との根比べです!(^_^)v
犬も前の習慣に戻そうと、
しつこく同じことを繰り返すかもしれません。
でもそれに負けず、犬が根負けするまで続けて下さい。

犬があきらめたら、甘咬みせずにオモチャで遊ぶ時間が長くなってるはずです。
こうなれば
”かまなくても遊んでくれるんだ”
”かまなかったら、ハウスに入ってほめてくれて、オヤツもくれる!”
と学習しています。(^^)






2017年09月01日 [Default]
とは言っても、甘咬みや飛びつきなど、
やっぱり困りますよね(^^;;

小型犬から大型犬まで一番困ることは、
やっぱり甘噛みでしょうか。
特に大型犬は仔犬の時期にやめさせないと、
成犬になった時大ケガに繋がります。
小型犬でも成犬になって咬まれるとかなりのケガになるので、
どんなワンちゃんも早くやめさせるのが一番です。

”この程度ならまぁいいわ”
ほんの軽い気持ちで咬むのを許してしまうと
これが習慣化して、犬は咬んでもいいんだと学習する。
一番多いのはこのパターン。

次は毎回怒ってるのに咬むというパターン。
これは、人が怒ってもやってはいけないと犬が学習できてないから止めない。咬み続ける。

どちらもこの習慣を断ち切らないと
甘咬みは改善されません。
ではどうやって断ち切ればいいか?







2017年08月30日 [Default]
特に成犬になるまでの間は、
甘えから出る行動がいろいろあります。

飛びつき、甘噛み、トイレの粗相、家具をかじる、・・・
本当にいろんなことをやってくれます(^^;;
ほぼ、人間にとって都合の悪いことばかり。
でもワンちゃんは解ったうえでやってます。
それは、飼い主さんに相手してほしいから。
かまってほしいから。

飛びつきも甘噛みも、その他大体はかまってほしくてする行動です。
飛びついたら ”あー!ダメでしょ!”とか、
噛んだら ”痛い!◯◯ちゃん、ダメ!”とか。
声かけしてほしくてやってます。
怒ってるつもりが、犬にとっては”相手になってくれてた!”
いうご褒美になってる(^^;;

飼い主さんにとっては困ったことだけど
相手してほしさから出たワンちゃんの行動だと解ると、
めっちゃかわいいとおもいませんか☆(^o^)


甘えたいんだもん

2017年08月27日 [Default]
チワワを迎えた飼い主さんがよくおっしゃるのが、
”内弁慶なんです”

特に初めての場所は借りてきたネコ状態みたい。
チワワちゃんは体も小さいので、
仕方がないところもあります。

だからと言ってそのままにしておくと、
一歩外に出るとビクビク、怖いことに吠える、震える。
犬にとっても家族にとっても、楽しみが減ります。

そんなワンちゃんは、ちょっとずつ外に馴らしましょう!
怖がりのワンちゃんでも、しつけ教室で4回ほど来たら
たいてい普通に過ごせるようになってます。

同じ場所に何度か連れていき、
そこでオヤツやオモチャで楽しい場所と学習させる。
怖がるからといって、抱っこしてては慣れません。
地面に下ろし、名前呼んでこっち見たらほめる、あればオヤツ。
オスワリしたらほめる、オヤツ。

すぐに抱っこばかりしていると、飼い主さんの後ろ盾がないと
不安な子になってしまいます。
なので、地面にいる状態でいつもより我慢できてたら、
”いい子〜〜!”とたっぷりほめる、あればオヤツ。

そうやって、ひとつの場所に馴れてきたら、別の場所に行ってみる。

焦らず少しずつでいいです。
ワンちゃんそれぞれ馴れるスピードも違うので☆
人間のスピードに合わせるのじゃなく、
家族の一員のワンちゃんに合わせてあげて下さい♪

最初は震えてても、突然スタスタ歩き出すかもしれません!
その日がきた時は、めっちゃ嬉しい日になること間違いなし!
(^O^)/


↓弟んちの息子
tiwawa


PageTop